理想の間取りを安く手に入れる!自分に合った分譲住宅を選ぶために知っておきたいポイントまとめ

当サイトは理想の間取りを安く手に入れたい人に向けて、自分に合った分譲住宅を選ぶために知っておきたいポイントをまとめて紹介しています。
住む人のライフスタイルに合った納得の家を購入するためにも押さえておきたい内容です。
このサイトでは分譲の住宅で満足できない点の解決方法に関しても解説しています。
いざというときのために、知っておくと安心です。
また分譲の住宅購入で損をしないための知識についても説明しているサイトです。

理想の間取りを安く手に入れる!自分に合った分譲住宅を選ぶために知っておきたいポイントまとめ

分譲住宅を購入する時のポイントを知りたいという人もいるのではないでしょうか。
一般的に既に出来上がった家を購入する分譲住宅は、注文建築と比較すると安く手に入れられるのが良いところです。
その反面、間取りは決まっている部分が多いので自由度が低いというポイントもあります。
しかし間取りの一部を変更することが出来るようになっている分譲住宅もあります。
例えば4DKを3LDKにするといったような変更で、好みの間取りに寄せることが可能です。

自分の理想の分譲住宅とはどのようなものかを知る方法

分譲住宅とは土地と家屋がセットになって販売されている住宅のことで、ハウスメーカーや工務店などが設計・施工した物件となります。
注文住宅の場合、自分たちで希望した間取りとなるため、大きく違うのが特徴です。
分譲住宅の場合、ハウスメーカーや工務店が利用者のニーズに合わせて利用できるようにしているのが特徴で、多くの人が利用しやすいように作られています。
とはいえ、自分自身の理想の間取りとは違う可能性があるため、理想となる分譲住宅とはどんなものかを知る方法を活用したほうがいいです。
まずは住宅展示場や分譲住宅を扱うハウスメーカーのモデルハウスを見学してください。
見学するところが多ければ多いほど、相性のいい物を見つけられる可能性が高いです。
また、どんな設備があればいいのか、逆に不要な設備や間取りなどを紙に書いてみましょう。
理想通りの分譲住宅は設備や間取りだけではなく、周辺環境も大きく影響するため、地域の情報も確認して探すことで理想通りの物件を理解できます。

分譲住宅を選ぶ前にモデルハウスを利用したい理由

分譲住宅のモデルハウスを見学する時には実際の生活空間を見ることができます。
実際に分譲住宅を購入した時に、住まいで暮らしている様子を見学できるので、頭の中でイメージすることができるのです。
分譲住宅によって間取りや向きは異なりますが、建設会社で使っている建材などは同じなので、実際に触れて確認できます。
モデルハウスは建設会社の近くに建てていることが多いです。
壁紙や設置される照明の形などは、各々で用意するか実際とは違う照明になっていることがあります。
実際とは違うことが多いですが、見学すれば似たような住宅に住むことができるので、平面だけでなく立体的に確認することができるので必要なことです。
建設会社の方で設計は考えていますので、注文住宅よりも安く購入できます。
導線を確認したり生活感を感じてもらうために家具がすべて設置されているので、実際に暮らしているような感覚になるのです。

分譲住宅のハウスメーカーでの違いを知る方法

建築の工法や外観デザインなど、住宅を提供しているハウスメーカーは、その会社ごとに大きな違いが見られます。
分譲住宅を購入する場合には、それぞれの違いや特徴をしっかりと確認した上で、自分たちの好みや考え方にぴったりと合った家を選ぶことが満足度の向上に繋がります。
実際に建っている分譲住宅を内覧することができる場合には、自身の目で見て雰囲気を感じ取ったり間取りの使いやすさを調べたりすることも大変重要なステップとなります。
建築工法については、同じハウスメーカーの建設途中の分譲住宅が近隣にある場合には、現場見学会が開催されているケースもありますので足を運んでみるのも良いでしょう。
それぞれのメーカーでは、どのような考え方で家を建てているのかを、ウェブサイト上で詳細に公開しているものですから、インターネットを利用した情報収集を行うこともおすすめです。
より良い家に巡り合うためには、多くの情報を様々な手段で獲得して比較検討することが大切ですので、分譲住宅選びの参考としてください。

分譲住宅が注文住宅に比べ価格が安い理由

世間一般では注文住宅よりも分譲住宅の方が価格が安いという認識がありますが、実際に多くのハウスメーカーや工務店では安いことを売りにしていて販売につなげていることは事実になります。
分譲住宅が安く販売できる理由の中には、外観が大きく異なっていたとしても同じ住宅資材を使っている箇所が多いことをあげられます。
例えば窓ガラスとサッシ、外壁材や屋根材、屋内側ではフローリングとクロス、水回りの設備など共通している資材や機材が多く、大量仕入れで大量に消費をすることで各メーカーから仕入れる際に安い単価にできることが最大の理由です。
メーカー側でも大口のお客様という関係を築くことにより、割引率をアップさせることも可能にしています。
住宅内を観察すると分かりやすいものですが、エクステリアを整えている分譲住宅の場合は、色は異なっても同じ規格で同じメーカーの資材を使っていることが多く、やはり大量仕入れによる影響は価格に反映されているのではないでしょうか。

筆者:川上雫

筆者プロフィール

奈良県香芝市生まれ。
多くの人が気になっている、分譲住宅についての記事を書いています。
奈良 分譲住宅